症状や特徴など

うつ病の症状とその特徴について

睡眠不足や食欲不振、微熱や体のだるさなどうつ病になると現れる症状はいくつか挙げられます。ですがこれらの症状は他の病気でも起こりうる可能性のあるものです。実際に疲れがたまっていることでこれらの症状を経験したことがあるという人も中にはいるのではないでしょうか。ですが、うつ病の場合これらの症状が複数、同時に現れるのが特徴です。さらにその症状が出る期間も数週間以上続くのが一般的で、症状が慢性化することによってその異変に始めて気付くというケースが多いのです。 つまり、ただの体調不良、疲れがたまっているだけのケースとうつ病との違いはその期間の長さ、症状の複雑さにあります。もちろん、人によっては例外もありますし、診断は専門の医師でなければ行えませんが、ある程度の知識を持っておくことで自分の今の状態をセルフチェックすることはできます。

セルフチェックの重要性について

先にも述べたように、うつ病の診断は基本的に心療内科や精神科の医師によってなされます。そのため、それを利用する側は特に何もしなくてもいいのではと思われるかもしれませんが、実は一概にそう言えるわけではありません。というのも、うつ病はその発見や診断自体が遅れればその分治療には時間も労力も必要になってきます。自己判断の誤りによって、うつ病の発見自体が遅れてしまうなんてこともあるのです。 そのため、ストレスをためやすい人や体の異変にいち早く気づいた人は出来るだけ頻繁にうつ病であるかどうかのチェック、セルフチェックを行うべきなのです。もちろん、自分で出来る範囲の簡単なチェック方法なので医師の診断にはかないませんが、少なくとも自分が病院を受診するべき状態なのか否かを判断する材料にはなるでしょう。

チェック方法と項目の紹介

利用方法と言っても、インターネットで自分の状態を調べれば出ると思いますが、チェックすることでうつ病の危険度や、どうすれば解決するかなどの具体案が出てきます。 よく見かけるチェック項目があるのでいくつかあげてみたいと思います。 最近、1.気持ちが落ち着かなくてイライラしやすい。2.体がだるく、疲れやすい。3.不安を感じる。4.食欲減退、あるいは暴飲暴食するようになった。などなどこういう「最近、ちょっとしたこと」が問題点になってきています。 これらはまだ初期症状の人に多い傾向ですが、悩みすぎてうつ病が悪化してくると正常な判断がつかなくなったり、落ち込みすぎたりしてしまう人もいます。チェック項目の中には激しい表現もあるので上記の初期段階のものを書きました。 ぜひこういったチェック項目をまずは利用してみてください、自分は大丈夫なんだと立ち直れたならそれで良いと思います。それでも心配なら病院でのチェックをお願いしてみるのが妥当だと思います。 メンタル面は誰もが弱いもので、自身のない人が大多数です。ちょっと自信がないだけの人には「大丈夫」の一言で救われることもあります。

Page Top