しっかりと治療を

うつ病の症状は様々ですが必ず良くなります

うつ病と聞くと大変でなかなか治らない病気というイメージを持っている人は大勢いらっしゃいます。しかし、実際は専門医にかかり生活習慣を修正することによって症状を緩和させることはできます。血液検査や画像検査でも何も異常はないのに体に不調が出ており、それが長期間続き、生活に影響を与えてしまう状態のときをうつ病の一つとして診断します。現代はストレス社会と言われており、理想とする健康的な生活が行えない状態になることもありますが、セルフチェックを行うことによって改善策は見つけられます。自分自身の内面や習慣、生活環境をみつるけることがまず治療の入り口になります。うつ病のチェック項目に答えていくことによって自分自身を分析し見つめることが出来ます。チェックは簡単なので誰でも行えます。うつ病に悩む人を減らすためにも元気な人もセルフチェックを知っておく必要があります。

セルフチェックで自分と環境を見直す

うつ病の症状は様々です。大きく分けて心の症状と体の症状に分けられます。心の症状チェックでは、気分の落ち込み、意欲や興味関心の低下、嗜好力の低下、不安やイライラなどが起こります。これが一時的なものではなくしばらく続き生活に支障をきたします。体の症状には、睡眠障害、倦怠感、疲労、ほてり、下痢など何か病気が隠れていそうな症状があります。また、頭痛や肩こり、腰痛など検査では病気は隠れていないにも関わらず長期間痛みに悩まされる状態があります。この痛みや症状の強さをチェックすることによって治療法を導いていきます。休養が必要な場合は入院がふさわしい場合もあります。細かい症状をチェックをすることによって薬やカウンセリングの調整を行い生活の質を高めていくことが出来ます。

Page Top