専門医に診断を

自己診断で安心しない

ストレスの多い現代において、うつ病は日本の成人「15人に1人」が、経験するものだといわれています。 ふとした瞬間に「自分はうつ病なのかもしれない」と感じた人も多く、ネット上などで、そういった悩みを目にする事も多くなっています。 現在では、ネット上で症状をチェックすることができるので、体の不調を感じた際に、そういったものを利用する人の数も増加傾向にあります。 チェックツールを使うことにより、病院へ行く為のきっかけになることもあるのですが、自分の症状は軽いものだから大丈夫だという誤った認識をしてしまうこともあります。 うつ病は早期発見、早期治療が大切なデリケートな病気ですので、チェックツールを参考に「早めに治療を受ける」事が大切なのです。

チェックしたものを持参する

辛いうつ病は、早めに治療を始めることが大切です。 体の不調を感じた際には病院へ行き、医師に相談することがうつ病治療の第一歩なのです。 ですが、初めて行く病院で緊張してしまい、自分が悩まされている症状を上手く伝えることが難しいのです。 そういった場合には、自分の症状に当てはまるものをチェックしたものをプリントに印刷したものを持参すると良いでしょう。 チェックしたものを医師に見せることで、口では上手く伝えられなかった症状を把握してもらうことができるので、適切な指導を受ける事ができます。 こういったチェックツールは、自分の状態を把握することができるだけのものではなく、悩まされている症状を相手に伝えることができるのです。

Page Top